日本語 English
東京工業大学の細野教授が開発したアンモニア合成技術を使用することにより、アンモニアをフレキシブルな条件で供給できる社会を実現します

技術

 東京工業大学の細野教授がセメント材料を原料に用いた大気中でも安定なエレクトライドをアンモニア合成触媒に適用を試みたところ、低温・低圧条件下で高効率のアンモニア合成が可能あることを発見しました。このエレクトライドを触媒に用いた低温・低圧の反応条件によるアンモニア合成によって、従来難しいとされた小型のプラントでの生産が可能となります。

 従来、アンモニアを合成するために用いられるハーバー・ボッシュ法は高温かつ高圧の反応条件が必要であり、高いエネルギー負荷がかかる大型プラントでの一極集中・大量生産を行わなければならず、設備投資が高額になるという課題があります。弊社にて研究開発を行っておりますエレクトライドを触媒としたアンモニア合成技術の実用化により、世界で初めてとなる、必要な量のアンモニアを必要とされる場所で生産する、「オンサイトアンモニア生産」モデルの実現が期待されます。