日本語 English
東京工業大学の細野教授が開発したアンモニア合成技術を使用することにより、アンモニアをフレキシブルな条件で供給できる社会を実現します

エレクトライド触媒

当社のコア技術の一つであるエレクトライドは、東京工業大学 細野秀雄栄誉教授が研究されている物質です。

当社は、

  • エレクトライドを触媒として工業化
  • エレクトライド触媒にとって最適なプロセス

以上2つの開発を推進し、これをもってしてさまざまな産業分野に向けて新しい技術の導入を目指します。

その分野の1つとしてアンモニア産業があります。

低温・低圧のマイルドな条件で窒素を活性化できるエレクトライド触媒は、アンモニアをオンデマンドに供給するプロセスの実現可能性を秘めています。(図参照)

<関連論文のリンク>
1. “Ammonia synthesis using a stable electride as an electron donor and reversible hydrogen store.” Nature Chemistry. https://www.nature.com/articles/nchem.1476
2. “Teaching an old material new tricks.” Nature Chemistry. https://www.nature.com/articles/nchem.1486
3. “Highly Dispersed Ru on Electride [Ca24Al28O64]4+(e)4 as a Catalyst for Ammonia Synthesis.” Catalysis. https://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/cs401044a
4. “Electride support boosts nitrogen dissociation over ruthenium catalyst and shifts the bottleneck in ammonia synthesis.” Nature Communications. https://www.nature.com/articles/ncomms7731
5. “Mechanism Switching of Ammonia Synthesis Over Ru-Loaded Electride Catalyst at Metal–Insulator Transition.” Journal of the American Chemical Society. https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jacs.5b10145